【速報】今日(2017年1月26日)の東京地裁民事8部(商事部)、新日本監査法人の元子会社「EYアドバイザリー」に2億200万円の賠償命令

投稿者: | 2017年1月26日

imgres-9-1-1-1
民事8部の小野寺真也裁判官/裁判所のHPより

【1月26日、さくらフィナシャルニュース=東京】

2017年1月26日(木)の東京地裁民事8部(商事部)の合議事件を速報します。
もともと新日本監査法人の子会社だった東京のコンサルタント会社「EYアドバイザリー」の社長を務めていた松井晴彦氏が、2015年に解任されたのは不当だとして、約3億3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁民事8部(大竹昭彦裁判長)は、会社側に2億200万円の支払いを命じた。監査法人への請求は認めなかった。

東京地裁高裁簡裁(刑事)合同庁舎103号法廷
10時30分 弁論(本人尋問)
平成24年(ワ)第174号 外 取締役に対する損害賠償等請求事件
原告 オリンパス株式会社 
被告 岸本 正壽 外
裁判官 大竹昭彦、秋吉信彦、小川恵輔
書記官 櫻庭一威

東京地裁高裁簡裁(刑事)合同庁舎706号法廷
13時30分
平成24年(ワ)第27806号 取締役会決議無効確認等請求事件
原告 重光 武雄
被告 株式会社ロッテホールディングス
裁判官 小野寺真也、秋吉信彦、角田宗信
書記官 岡直美

東京地裁家簡裁合同庁舎601号法廷
13時15分
平成27年(ワ)第20168号 損害賠償等請求事件
原告 松井晴彦
被告 新日本有限責任監査法人 外
裁判官 大竹昭彦、秋吉信彦、琴岡佳美
書記官 加藤大貴
【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)