【速報】二重橋法律事務所の伊藤菜々子弁護士がアムスクの代理人等を辞任し証券等監視委員会へ出向

投稿者: | 2013年9月8日


伊藤菜々子弁護士の同僚になる門伝明子弁護士/二重橋法律事務所のHPより

【9月8日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

株式全部取得を行った会社側と複数の個人投資家との間で複数の訴訟が提起されているアムスク(東:7468)の代理人を務めるアムスク二重橋法律事務所の伊藤菜々子弁護士が、9月初頭をもって証券等監視委員会へ出向していたことが、さくらフィナンシャルニュースの取材で8日分かった。

 すでに同社を巡っては、個人投資家が申し立てていた議決権行使書の閲覧謄写仮処分(東京地裁平成25年(ヨ)20075号)の決定が8月20日にあった。同事件では能登謙太郎裁判官が株主に謄写させよとの決定を出しているほか、株主名簿閲覧謄写を巡る仮処分事件でも株主側が勝訴する事態となっている。なお同社が開催した6月28日総会の株主総会決議取消を請求する訴訟の第一回口頭弁論は、9月12日の午後3時から東京地裁民事8部の601号法廷で行われる予定。

 同事務所は、インデックス(東:4835)の民事再生法の適用を申請する大塚和成弁護士が代表を務めており、また伊藤菜々子弁護士も証券等監視委員会による告発が行われたオリンパス(東:7733)に対する有価証券報告書等虚偽記載に基づく損害賠償請求事件でも投資家側の代理人を務めている。関係者の間では二重橋法律事務所が関係する複数の事件の潜在的な利益相反に関して議論を呼んでいる。

 なお同弁護士は、個人株主が申し立てているセレブリックスに対する株式価格決定申立事件(東京地裁平成25年(ヒ)第123号)などの代理人も辞任する予定。伊藤菜々子弁護士は、慶応大学法学部法律学科を2003年に卒業したのち、東京大学法科大学院を2006年に終了し、2007年より弁護士登録(第二東京弁護士会)し、2011年に二重橋法律事務所の設立メンバーとして参画している。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)