【速報】文京区民ら、高山泰三・文京区議会議員に民進党からの離党勧告

投稿者: | 2017年4月3日


支援者らがいよいよ三行半? 高山泰三文京区議会議員/民進党のHPより

【4月3日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

文京区の高山泰三区議会議員が、大崎エンジニアリングの臨時株主総会での活躍と共に、宇野澤組鐡鋼所の大株主として四季報に登場していることなどは、すでに本誌が報じた通りだが、その高山泰三議員に、文京区に住む前回の選挙の支援者らが、高山議員本人の民進党からの離党を促す「離党勧告」を行うことが、わかった。

支援者らは、今週中に、高山泰三議員本人に会って、離党勧告を内容とする文書を手渡すとともに、離党を促す理由について、本人に直接会って説明する意向であるという。

高山泰三議員は、当選4回で、もともとは2003年の統一地方選で自由党の公認を得て出馬し、トップ当選。2011年の選挙こそ2位の得票数だったが、2007年、2015年の選挙でもトップ当選を果たしている。

高山議員の所属する民進党は、東京都議選の文京区選挙区の候補内定者だった元職の増子博樹氏が、民進党を離党して、小池百合子都知事の「都民ファーストの会」からの公認を得て出馬をすることとなっていることが報道されており、「都議選の後に東京都議会から民進党の議席はなくなるのではないか」(都議会民進党の関係者)という声も上がっており、文京区というリベラル色の強いエリアで、得票数の多い民進党の区議会議員に対して、支援者から離党勧告がなされる事態に、党関係者も動揺を隠せない模様だ。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【続】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です