【速報】東京弁護士会、「局部切断」被害者・和田正弁護士への懲戒請求に対して事実上の「門前払い」決定で棄却

投稿者: | 2017年5月28日


東京弁護士会に所属する和田正弁護士

【5月28日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

東京弁護士会が、東京都に住む市民の有志らが、和田正弁護士に対する懲戒請求を求めていた事案で、東京弁護士会の綱紀委員会は、市民らの申し立てを却下する決定を行っていたことが、わかった。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)