【速報】小野寺真也裁判官が東京地裁民事31部に移動、民事8部乙合議係裁判長の後任は岩井直幸裁判官

投稿者: | 2017年7月23日


民事8部に復帰して乙合議係の裁判長に就任した岩井直幸裁判官/名古屋大学大学院のHPより

【7月9日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

東京地裁民事8部乙係の裁判長だった小野寺真也裁判官(47期)が東京地裁民事31部の統括判事に移動となり、後任に岩井直幸裁判官(49期)が就任した。岩井裁判官の経歴は、以下のとおり。

 1993年   東京大学法学部卒業
 1997年   判事補任官、東京地方裁判所勤務
 2001年   イギリス・カーディフ大学LL.M
             (Legal Aspects of Medical Practice)コース終了
 同年      外務省勤務
 2003年   在ストラスブール日本国総領事館勤務(領事)
 2006年   岐阜地方裁判所勤務
 2009年   最高裁判所事務総局民事局勤務・判事任命
 2011年   東京地方裁判所勤務
 2012年   名古屋地方裁判所勤務
 2013年   名古屋大学大学院法学研究科教授(実務家教官)
 同年      最高裁総務局参事官
 同年      法務省大臣官房司法法制部付検事
 2015年   東京高等裁判所判事
 2017年   東京地方裁判所判事 

【了】

【速報】小野寺真也裁判官が東京地裁民事31部に移動、民事8部乙合議係裁判長の後任は岩井直幸裁判官」への1件のフィードバック

  1. 岩井直幸裁判官は、ものすごい手抜きの判決を書く裁判官です。
    内容はスカスカで意味のないものでした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)