【速報】会費未納・依頼放置で岡山弁護士会が桜井幸一弁護士に退会命令、過去に2度の懲戒処分歴

投稿者: | 2017年8月8日


桜井幸一弁護士/同弁護士のHPより

【8月8日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

岡山弁護士会は8日、会費滞納ならびに依頼された事件を放置したりしたなどとして、岡山リーガルクリニックいちょう並木法律事務所所属の同会元副会長・桜井幸一弁護士(69)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。

同弁護士は1997年度に岡山弁護士会副会長を務めているが、同弁護士は、2007年3月にも、大学を事実上の相手方とする国家賠償訴訟の辞任について十分な説明がなかったことで戒告処分、2016年12月にも、2013年7月に女性から受任した事件についての依頼を放置し、業務停止1カ月の処分を受けた懲戒処分歴があった。

同会の発表によると、桜井弁護士は15年11月から16年6月までの日弁連や岡山弁護士会の会費など約30万円を滞納。さらに、受任した医療過誤事件を14年11月から15年7月の間に、依頼人に十分な経過報告をせず、放置していたという。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)