【速報】東京高裁が、紙の期日簿を廃止し、タブレットでの期日予定を開示へ

投稿者: | 2017年8月13日


深山卓也東京高等裁判所長官

【8月10日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

東京高等裁判所は、本日10日に、東京地裁高裁簡裁合同庁舎の1階ロビーに、当日の口頭弁論開廷予定を検索・閲覧できるタブレット端末を設置すると明らかにした。

15日から試験運用を始め、9月から本格的に運用する予定。従来は予定を記した紙の期日簿が設置されており、8時30分に開示され、午後4時30分には毎日撤去されている。

紙の期日簿は、東京高裁・東京地裁では、廃止される見通しだ。

 タブレットはA4サイズで、机に固定された、一般向けに16台、車いす利用者向けに2台が用意される模様だ。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)