【速報】定年間際に無罪判決を連発・福崎伸一郎大阪高裁第一刑事部総括判事が7月15日に退官

投稿者: | 2017年8月18日


退任直前の約1年半で大阪高裁第一刑事部総括判事として1審破棄判決を連発した福崎伸一郎裁判官/朝日新聞のサイトより

【7月15日、さくらフィナンシャルニュース=大阪】

大阪高等裁判所の刑事部の福崎伸一郎大阪高等裁判所刑事上席裁判官(大阪高裁所長代行、第31期)が、7月15日付で、退官していたことがわかった。

1979年4月に名古屋地裁判事補を皮切りに、1982年4月に徳島地裁家裁判事補、1985年4月に福岡地裁判事補、1988年4月に福岡地裁家裁小倉支部判事補、1989年4月に福岡地裁家裁小倉支部の裁判官になり、1993年4月から福岡地裁家裁柳川支部判事となったあと、1996年4月から東京地方裁判所判事、1998年4月から東京高裁の判事に着任。1999年4月から2003年4月に最高裁裁判所調査官を務めた。

2003年4月からさいたま地裁家裁部統括判事、2006年4月から東京地裁部総括判事、2009年4月に東京地裁部総括判事、同年12月から東京地裁家裁立川支部総括判事、2013年6月に宮崎地裁家裁所長、2014年10月に福岡高裁部総括判事に就任したのち、2015年12月18日から2017年7月15日まで大阪高裁部総括判事を務めた。

『週刊現代』2017年6月24日で、「大阪高裁で「逆転無罪」を連発する裁判官をご存じですか?」という特集記事が掲載されるなど、控訴審での1審破棄判決を多数出した裁判長として知られる。


「『週刊現代』2017年6月24日号」の記事「大阪高裁で「逆転無罪」を連発する裁判官をご存じですか?」より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52017?page=3

なお、同記事で言及されているとおり、2015年の刑事事件での逆転無罪判決は全国で21件のみだったが、福崎裁判長は、4月から5月にかけて確認されているだけでも、少なくとも8回の逆転無罪判決を出している。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)