【速報】周囲にも道義的責任、ついに「肉食系ガソ倫」山尾志桜里衆議院議員が民進党へ離党届

投稿者: | 2017年9月7日


山尾志桜里衆議院議員の実父で三鷹駅前で内科医を営む菅野一男医師/かんの内科のホームページより

【9月7日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

本日発売の「週刊文春」に、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑が掲載された、元検事の山尾志桜里衆議院議員(愛知7区選出)が、民進党に離党届を提出した。


「週刊文春」9月14日号の中吊り広告

毒花かもしれないが、花のある議員だったが、本誌としても、そういった意味でも、山尾議員本人、そして周囲の「無能」さの罪は思いと考える。

「週刊文春」に掲載された山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士のツーショット・ドライブ写真

詳細は別稿に譲るが、周囲に大いなる問題がある。特に、本誌株式会社さくらフィナンシャルニュース(東京都新宿区)をめぐる違法行為・信義則違反、株式会社アメーシア(東京都千代田区)で出資金を2000万円以上集めながら、適法な株主総会や取締役会を開催することを放置していた、「下げチン」夫・山尾恭生の倫理や能力の問題も歪めないだろう。


偽計業務妨害などの嫌疑がかかり、すでに職場で警視庁の捜査を受ける、山尾志桜里衆議院議員の夫で株式会社セレージャテクノロジー代表取締役の山尾恭生/さくらフィナンシャルニュース

菅野一男医師のもとにも、他のメディアが取材に押しかけているようだ。

なお山尾志桜里議員は、国会で、「保育園落ちた、日本死ね!」のブログを取り上げたことなどで知られているが、野党が提出していた「保育士等処遇改善法案」のクソさ具合は、なかなか報道されなかった。そういった中で、小誌が政策的な問題を指摘していたことは、自負されても良いかと考える。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【了】

【速報】周囲にも道義的責任、ついに「肉食系ガソ倫」山尾志桜里衆議院議員が民進党へ離党届」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【記事紹介】周囲にも道義的責任、ついに「肉食系ガソ倫」山尾志桜里衆議院議員が民進党へ離党届(さくらフィナンシャルニュース、2017年9月7日) – ちほうじちニュース

  2. 匿名

    クリニックのHPには9月15日~9月24日まで臨時休業のお知らせ。
    山尾が雲隠れ中に小1の子供の世話をしていたのでしょう。

    子どものケアも放棄したとしか思えません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)