【速報】大塚和成懲戒処分異議申し立て事件、被疑者・菊地洋一東京高等裁判所裁判官に忌避申し立て

投稿者: | 2017年9月14日


大塚和成の後輩だったが祝田法律事務所から離脱した二重橋法律事務所の元パートナーの門伝明子弁護士/同事務所のHPより

【9月14日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

元二重橋法律事務所代表弁護士の大塚和成が、日本弁護士連合会が下した「業務停止2年」の懲戒処分が不当であるとして、東京高等裁判所に提訴している事件の第2回口頭弁論が、9月12日におこなされた直後に、菊地洋一東京高等裁判所裁判官に対して、忌避申し立てがなされた。

東京高等裁判所第7民事部の菊地洋一が裁判所を務めるが、不当な判決が下される可能性が多方面から指摘されている。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【続】

【速報】大塚和成懲戒処分異議申し立て事件、被疑者・菊地洋一東京高等裁判所裁判官に忌避申し立て」への1件のフィードバック

  1. 菊地洋一では大塚は絶対に勝てんからな
    書面を読まず、空気を読む裁判官
    弁護士会VS強姦弁護士の裁判なら弁護士会勝たせればええだけ
    権威のある方を勝たせるだけの簡単な仕事や

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)