【速報】山尾恭生氏の知人らが山尾志桜里衆議院議員と倉持麟太郎弁護士を刑事告発へ、建造物侵入罪・道路交通法違反・詐欺罪の疑い

投稿者: | 2017年9月21日


倉持麟太郎弁護士とイタリア料理店で密会している山尾志桜里衆議院議員/「週刊文春」より

【9月21日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

民進党山尾志桜里議員との週4回の密会・不倫疑惑が持ち上がっている倉持麟太郎弁護士に対して、東京都の市民らが、週明けにも、刑事告発を行うことが明らかになった。

問題となっている容疑は、恵比寿のイタリア料理で山尾志桜里議員と飲酒をした後に自転車に乗って帰宅した際の道路交通法違反容疑。

自転車は道路交通法上「軽車両」という扱いになっており、自動車と同様、道路交通法の対象に含まれ(酒気帯び運転等の禁止) 、第65条の違反となる。

また、山尾志桜里衆議院議員を自宅まで送って行った後の自動車運転中の携帯電話使用についても、道路交通法違反の行政罰を求めるという。

さらに、品川プリンスホテルの36階のタブルルームの部屋を、1名での宿泊と偽って、実際には山尾志桜里衆議院議員と倉持麟太郎弁護士が2名で宿泊して、早朝まで過ごした疑いが持たれている。

さくらフィナンシャルニュースが取材したところによれば、プリンスホテルでは、ダブルルームは、宿泊者用の鍵がなければエレベーターで上部に登れない造りになっており、またダブルルームに1人で泊まる時と2人で泊まる時には料金設定が異なっている。

実際に「週刊文春」によれば、倉持弁護士が36階の部屋に入ったとする写真を掲載。一方、山尾議員は1人で宿泊したと強弁している。

該当する嫌疑・罪状は、詐欺罪と建造物侵入罪。これについては、倉持弁護士と山尾志桜里衆議院議員の共犯となるだろう。

なお、刑事告発者には、山尾志桜里衆議院議員の夫・山尾恭生氏の知人が含まれている模様だ。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)