【速報】ニコン株主ら、牛田一雄代表取締役社長、本田隆晴取締役常勤監査等委員の証人尋問を要求へ

投稿者: | 2017年11月11日


違法な議事録作成等の関与が疑われるニコンの被告本田隆晴取締役常勤監査等委員

【11月11日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

ニコンの株主が、株主総会の質問内容などの個人情報を漏洩されて、精神的苦痛を被ったなどとして、同社と同社の役員らを相手取り、損害賠償を求めている裁判の11月14日に予定されている第二回口頭弁論で、原告株主側が、牛田一雄代表取締役社長、本田隆晴取締役常勤監査等委員の証人尋問を求める書面を提出することがわかった。

同社では、株主が、取引先の代表取締役が、未成年などへの買春などの反社会的行為を継続して行っていると主張。かかる取引先と取引を継続することへの、適法性やコンプライアンス上の視点から、株主総会で質問を行うなどしていた。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【続】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)