【続報】株式会社セレージャテクノロジー代表取締役・山尾恭生を、不正競争防止法違反で追加で刑事告訴

投稿者: | 2016年7月30日

yamaoshiori
参議院選挙で惨敗を喫した民進党・政調会長の山尾志桜里衆議院議員/産経新聞社のHPより

【7月30日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

当社(株式会社さくらフィナンシャルニュース)は、セレージャテクノロジー代表取締役の山尾恭生(以下、「被疑者・山尾」という)を被疑者として、名誉毀損、信用毀損、偽計業務妨害などに加え、不正競争防止法に基づいて、追加で東京地方検察庁に対して、刑事告訴することになりましたので、お知らせいたします。

当社は、2014年2月に、山尾が代表を務める株式会社セレージャテクノジーから、さくらフィナンシャルニュースの配信サイトを含む事業の譲渡を受けております。

山尾は、政治資金規正法や公職選挙法違反の疑いが報道されている、民進党政調会長の山尾志桜里衆議院議員(愛知7区)の夫であり、山尾志桜里の政治団体である「桜山会」の初代会計責任者を務めるなどしている人物でもあり、山尾志桜里衆議院議員は、元公設秘書と弁護士を通じて話し合いを行っていると説明しているが、2ヶ月の期間がたった現在も、未だにその経過について、なんら説明責任を果たしていない。

詳細は、おってこのサイトでお知らせいたします。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)