【速報】民進党政調会長・山尾志桜里氏の夫、山尾恭生に対し、アメーシア株主が職務執行停止代行者選任の仮処分申立て、株主らは「違法な行為を繰り返している」と指摘

投稿者: | 2016年8月2日

13567110_1643116346008344_145045345040677505_n
警察の捜査を受けるアメーシア代表取締役の山尾恭生/さくらフィナンシャルニュース

【8月2日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

株式会社アメーシア(東京都千代田区)の株主らが、同社の代表取締役・山尾恭生氏が、同社の内外で違法な行為を繰り返しているとして、職務執行停止・代行者選任の仮処分の申し立てを、東京地裁民事8部に行うことがわかった。

山尾氏は、元ライブドアの執行役員で、先月7月の参議院選挙で惨敗を喫した民進党・政調会長の山尾志桜里衆議院議員の夫であり、山尾志桜里議員の政治資金団体「桜山会」の初代会計責任者。

株式会社アメーシアは、2012年11月に山尾氏によって設立され、資本金と資本準備金を合わせて2400万円を超える資金を、山尾氏らが投資家から集めたものの、現在に至るまで、製品がローンチされておらず、利益相反取引の承認がないままに、資本金・資本準備金の大半が、山尾氏が別に代表を務める会社に流出しているとして、株主らは、別途に株主代表を訴訟の提起も検討しているという。

山尾氏は、同氏の妻である山尾志桜里衆議院議員の選挙事務所が、不特定多数の有権者にショートメッセージを送る、公職選挙法違反に該当する行為に関与している可能性もとりだたされている。

同社の関係者は、「金策に困ったのか、山尾(恭生)氏は、違法な行為を、会社の内外で継続的に繰り返しており、もはやスタートアップ企業の代表者として存在する資格がない」と述べた。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)