【速報】福崎伸一郎・元大阪高裁第一刑事部総括判事が東京弁護士会で弁護士登録、今川橋法律事務所に所属

投稿者: | 2018年6月8日


退任直前の約1年半で大阪高裁第一刑事部総括判事として1審破棄判決を連発した福崎伸一郎裁判官/朝日新聞のサイトより

【6月8日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

大阪高裁第一刑事部総括判事として定年直前に「逆転無罪判決」を連発し、去年7月15日に定年退官していた、福崎伸一郎大阪高等裁判所刑事上席裁判官(大阪高裁所長代行、第31期)が、東京弁護士会で弁護士登録し、今川橋法律事務所(東京都 千代田区鍛冶町2-4-1 佐伯ビル5階)に所属していることがわかった。

登録番号は、55599番。

福崎氏は、1979年4月に名古屋地裁判事補を皮切りに、1982年4月に徳島地裁家裁判事補、1985年4月に福岡地裁判事補、1988年4月に福岡地裁家裁小倉支部判事補、1989年4月に福岡地裁家裁小倉支部の裁判官になり、1993年4月から福岡地裁家裁柳川支部判事となったあと、1996年4月から東京地方裁判所判事、1998年4月から東京高裁の判事に着任。1999年4月から2003年4月に最高裁裁判所調査官を務め、2003年4月からさいたま地裁家裁部統括判事、2006年4月から東京地裁部総括判事、2009年4月に東京地裁部総括判事、同年12月から東京地裁家裁立川支部総括判事、2013年6月に宮崎地裁家裁所長、2014年10月に福岡高裁部総括判事に就任したのち、2015年12月18日から2017年7月15日まで大阪高裁部総括判事を務めた。

『週刊現代』2017年6月24日で、「大阪高裁で「逆転無罪」を連発する裁判官をご存じですか?」という特集記事が掲載されるなど、控訴審での1審破棄判決を多数出した裁判長として知られている。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)