【お知らせ】株式会社セレージャテクノロジー代表取締役・山尾恭生による、当社に対するさらなる継続的な背任行為が明らかに

投稿者: | 2016年8月19日

13567110_1643116346008344_145045345040677505_n-200x140
警視庁の捜査を受ける、山尾志桜里氏の政治資金団体である「桜山会」元会計責任者で株式会社セレージャテクノロジー代表取締役の山尾恭生(2012年に設立した株式会社アメーシアの代表取締役も兼任している)/さくらフィナンシャルニュース

【8月19日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

当社(株式会社さくらフィナンシャルニュース)は、すでに刑事告発をされている株式会社セレジャテクノロジー代表取締役の山尾恭生(以下、「被疑者・山尾」という)が、2014年2月に株式会社セレージャテクノロジーから当社に対する当サイトの事業譲渡が行われた後、システム管理者に過ぎないにもかかわらず、従前より、当社が配信している記事のうち、被疑者・山尾や、被疑者・山尾の知人にとって都合の悪いと見られる記事について、恣意的に、配信を妨害したとしか考えられない行為に及んでいたと結論付けられる証拠を発見したため、これら資料についても、東京地方検察庁や警視庁に対して、証拠提出することになりましたので、お知らせいたします。

被疑者・山尾は、当社に一切の許可がなく、当社のサイトからバナーを一方的に外したり、被疑者・山尾本人に都合の悪いと思われる記事について、配信できないようにするなどの妨害行為に及んでいた蓋然性が高いため、極めて悪質であると考えております。

被疑者・山尾は、民進党政調会長の山尾志桜里衆議院議員(愛知7区選出)の夫であり、山尾議員が当選する前の資金管理団体「桜山会」の初代会計責任者。山尾議員は、高額なガソリン代の計上などが指摘され、岡部篤史元公設秘書と弁護士を通じて話し合っていると説明していたが、以降の経過報告については、一切の説明を行っていない。

新しい情報が入り次第、おってお知らせします。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)