【速報】菊池洋一・広島高裁長官らを東京地方裁判所に提訴へ

投稿者: | 2018年8月17日


すでに8月26日に退官することが決まっている菊池洋一広島高裁長官

【8月17日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

元東京高等裁判所の裁判官で、現在広島高等裁判所の長官を務める菊池洋一(司法修習第30期)が、東京地方裁判所に提訴されていたことがわかった。

その外、提訴されているのは、濱口浩横浜地方裁判所第8民事部統括判事(司法修習第42期)と、工藤正さいたま地方裁判所裁判官(司法修習46期)。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【続】

【速報】菊池洋一・広島高裁長官らを東京地方裁判所に提訴へ」への1件のフィードバック

  1. 菊池洋一被告の被害者

    菊池洋一裁判官の殺人強奪幇助の誤判が認められる

    提訴された菊池洋一元裁判官が誤判によって被害者から金銭を奪った事を佐藤隆幸裁判官が認めました。

    【被害者の事件】
    東京高裁 平成28年(ネ)第5619号
    菊池洋一裁判長・佐久間政和裁判官・工藤正裁判官
    被害者は、殺されそうになって金銭を奪われたシステムの製作会社にシステムの仕様被害を訴え損害金と慰謝料の賠償請求をしていた。虚偽証言した加害者は提訴後に逃走。
    【菊池洋一被告の犯罪】
    東京地裁 平成29年(ワ)第13960号
    佐藤隆幸裁判官
    裁判官の菊池洋一被告は、被害者が殺されそうになって金銭を奪われたシステムを訴えた裁判で加害者から金銭を奪わせる不正裁判をした。
    そもそもシステムが解らない判事が判断する事が不正であり難易度が高いほど犠牲が増える事は更に許されないはずである。
    1 システム以外に理由がないのにシステム以外で判断する不正裁判をした
    2 システム数値の計算を間違えた
    3 システム数値の間違いで被害者から金銭を奪った
    4 システム完成の未判断で被害者から金銭を奪った
    5 被害者から技術請求以外の着服被害金も奪った
    6 被害者にシステムの専門分野の立証負担をかけた
    7 被害者から100万円以上の訴訟費用も奪った
    【菊池洋一被告の不正立証】
    菊池洋一被告がシステムを製作できない事

    不正裁判の犠牲者の方々のために公益を図る目的で裁判公開の原則に基づいて、裁判官への制裁方法を検討するために裁判官の犯罪の情報をご提供致します。
    致死量強奪金数値のシステム証拠CDをお配りしております。
    【お問い合わせ】
    kikuchiyouichi@outlook.jp
    ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)