【速報】最高裁判所が岡口基一東京高等裁判所第22民事部裁判官を戒告処分、14人の全員一致意見

投稿者: | 2018年10月17日


東京高等裁判所第22民事部裁判官の岡口基一氏/岡口基一裁判官のFacebookより

【10月17日、さくらフィナンシャルニュース】

Twitterで、犬の所有権をめぐる裁判の原告当事者の感情を傷つけた、などとして、東京高等裁判所から懲戒を申し立てられていた東京高等裁判所第22民事部所属の岡口基一裁判官(第46期)に対する「分限裁判」で、最高裁大法廷(裁判長:大谷直人最高裁判所長官)は本日17日、岡口氏を戒告処分とした。岡口氏自身が、自らのFacebookで明らかにしている。

最高裁の裁判官15人のうち、東京高裁長官時代に岡口氏を厳重注意した戸倉三郎裁判官以外の、14人の最高裁判事が審理に参加した、全会一致の意見。戸倉裁判官は、自ら回避して審理には参加しなかった。

新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)