【速報】東京の有志らが、「チン切り」被害者の和田正弁護士を懲戒請求へ

投稿者: | 2016年9月2日

m_2-695c2
みなと協和法律事務所の和田正弁護士

【9月2日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

東京都に住む市民の有志らが、和田正弁護士(みなと協和法律事務所)を、東京弁護士会に対して懲戒請求をすることが明らかになった。

市民らによれば、和田正弁護士は、法律事務所に勤めていた事務員の女性と、複数回の性的関係を持ち、法律事務所内部で性行為を行うなど、常軌を逸した行動の結果として、事務員の女性とその夫の人生に多大な負の影響を与える結果になったとして、戒告より重い懲戒を求めるという。

新しい情報がが入り次第、続報をお伝えする。【了】

【速報】東京の有志らが、「チン切り」被害者の和田正弁護士を懲戒請求へ」への13件のフィードバック

  1. 加藤晃

    法を守らなくてはいけない 人が 法に背いたのだから 当然の報い だと思いますが 御手軽に近場で 仕事場でするという ありえませんね ご家族はどうおもって おられるのか?

    返信
  2. ピンバック: 【速報】局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機について

  3. ピンバック: 【速報】局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機について | ちょっぴり投稿

  4. ピンバック: 【速報】局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機について | My memo

  5. ピンバック: 【速報】局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機について | 大笑い話

  6. ピンバック: 【速報】局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機について | 笑いの種

  7. ピンバック: 局部切断弁護士、弁護士資格剥奪の危機 | Hot-News

  8. けん

    市民の有志のみなさんの話だと、小番妻は被害者ということになっているが?
    小番妻は加害者ですよ。事務所で性行為をしようと言い出したのは、小番妻。
    裁判聞いたり新聞読んだりしてないのですか?
    真の被害者は弁護士のご家族と小番被告のご両親及び弟さん。

    市民の有志のみなさん、あきらかに行動間違えてますよ。

    返信
  9. 化け猫

    どういう誘惑があろうとも、自己の職責を忘れ、
    法を遵守する立場のものが、
    違法性のある快楽に溺れということがが事実であり、
    この弁護士の軽率な行動により引き起こされた事件であることは
    疑いようもない事実。
    弁護士法に規定される、品位を欠く行為であるとして
    懲戒処分は相当である。

    返信
  10. さとエモン

    不倫は許されませんが、被害者が気絶してる間に、42年間共に歩んできた物(チン)を、一瞬で失ってしまったのですから、これ以上、被害者を苦しめるのは、あまりにも可哀想すぎます。
    もしセクシャルマイノリティー(ゲイ)の方なら、ニューハーフとしても生きて行けると思いますが、被害者や異姓愛者は、今が一番辛いと思います。

    返信
  11. スタコラサッサ

    弁護士追いやられたら生きてられないんじゃないの?
    これ以上の制裁は止めようよ。
    きっとだいぶ形相も変わってるんじゃないか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)