【速報】東京弁護士会による太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)の懲戒処分に関する日本弁護士連合会公告の全文を掲載

投稿者: | 2016年10月25日

img-1
東京弁護士会会長の小林元治弁護士/東京弁護士会のHPより

【10月25日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

「日弁連広報誌・自由と正義」2016年10月号に掲載された、東京弁護士会・太田真也弁護士の懲戒処分に関する、日本弁護士連合会による公告を報告します(以下、同誌より引用)。

 懲戒処分の公告

 東京弁護士会がなした懲戒の処分について、同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告及び公表等に関する規程第3条第1号の規定により公告する。

1. 処分を受けた弁護士
氏名 太田 真也
登録番号 37657
事務所 東京都千代田区岩本町3-11-8 イワモトチョービル2階225 神田のカメさん法律事務所
2. 処分の内容 業務停止1月
3. 処分の理由の要旨
 被懲戒者は、2014年8月10日から業務停止1月の懲戒処分を受けたが、上記懲戒処分を受けた当時受任していた2件の訴訟事件の係属裁判所に対し上記懲戒処分を受けたこと及び業務停止期間を通知せず、同月22日、上記事件のうち、1件の被告代理人から被懲戒者の事務所のファックス番号宛てに送信された訴訟書類の受領書に受領文言を記載して係属裁判所及び被告代理人に宛てて事務所からファックス送信し、そのために事務所を使用し、同月25日、事務員に対し市役所に宛てて郵送したが戻ってきた職務上請求書の日付を訂正して再送するように指示して法律実務を行わせた。
 被懲戒者の上記行為は、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4. 処分が効力を生じた年月日
 2016年6月17日

2016年10月1日 
日 本 弁 護 士 連 合 会

【了】

【速報】東京弁護士会による太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)の懲戒処分に関する日本弁護士連合会公告の全文を掲載」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 太田真也弁護士は、東京弁護士会から「目を付けられている」弁護士 アディーレ法律事務所と同様に弁護士会に対して従順ではないという事も重い処分の背景にある。アディーレ法律事務

  2. ピンバック: 太田真也弁護士が東弁から嫌われているか・・相手弁護士はFAXを証拠に懲戒処分申請・・今回は裁判所との応答が懲戒処分申請 エンドレス・・アディーレも危ない 監視員の弁護士が見張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)