【お知らせ】個人投資家の皆さんに対する山口三尊氏についてのご注意

By | 2016年11月17日

sakurafinancialnews-1

【11月17日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

以前、本誌は、「証券非行救済ボランティア」を自称する、TAC株式会社の予備校講師である山口三尊氏(以下、「山口氏」と言います)のブログの記事を、転載の形で掲載していたことがありました。

しかしながら、山口氏がその後、「証券非行救済ボランティア」という名前にふさわしくない態度を、多方面で行ったことを確認したほか、社会通念上異常としか表現のしようのない行動を常習的に取るに至ったりましたので、山口氏のブログ記事からの転載を継続することはふさわしくないと判断し、かかる転載を中止しています。

山口氏の行為は、山口氏を相談相手をした人物を誹謗中傷したり、挙句の果てには、株式全部取得の総会決議が争われた案件について、山口氏自らが原告として参加していた裁判において、株式全部取得に関連する裁判の原告となっていた別の投資家を誹謗中傷するかのような書面を裁判所に提出するなどの、前代未聞の行為に及ぶなどしている事実が、確認されています。

本誌としては、個人投資家の皆さんを含め、すべての方々に対して、(1)山口氏には、株式投資や関連する裁判に関して一切の相談しないこと、(2)通常守秘義務のあると考えられる事柄について、山口氏を信頼して口外しないこと、(3)山口氏のTwitter投稿をリツイートしたり、Facebook投稿をシェアしたりしないこと、(4)山口氏の主宰する会や集会には参加しないこと、を推奨いたします。

本誌といたしましては、読者の皆さんが、山口氏と今後関わることによって生じた損害については、一切の責任を取りませんので、山口氏については、ご注意いただけるように、よろしくお願いいたします。(さくらフィナンシャルニュース 編集部)【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です