【速報】トラブル続出! セレージャテクノロジー代表取締役・「ガソリーヌ夫」こと山尾恭生、自己破産と山尾志桜里衆議院議員からの三行半へのカウントダウン

投稿者: | 2016年11月18日

13559047_1642585436061435_4528717799602642256_o-2
偽計業務妨害や不正競争防止法などで刑事告発され、警察の捜査を受ける元ライブドア上級執行役員で、民進党山尾志桜里衆議院議員の初代政治資金管理団体会計責任者の山尾恭生・株式会社セレージャテクノロジー代表取締役兼株式会社アメーシア代表取締役/さくらフィナンシャルニュース

【11月17日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

民進党前政調会長で衆議院議員の山尾志桜里氏の夫で、株式会社アメーシア(東京都千代田区)の代表取締役を務める山尾恭生(元ライブドア上級執行役員)に、自己破産を行う可能性がとりだたされている。

山尾氏をめぐっては、個人投資家らが、山尾氏の不適切かつ違法な行為によって、5億円余りの損害を被ったとして、すでに提訴準備にかかっており、早ければ、年内にも提訴が行われる予定だ。

さらに、山尾氏が2013年に設立した株式会社アメーシア(東京都千代田区)をめぐっては、山尾氏が、利益相反取引の承認を取締役会で経ないまま、2200万円余りの金額が、山尾氏が別に代表取締役を務める株式会社セレージャテクノロジーに、外注費の名目で流出させていることについて、株主から、山尾氏を相手取って、刑事告発や民事訴訟を提起する動きがあるほか、資金を会社に返却するように、一部の取締役が、山尾氏個人に対して、要求する予定だ。

ミクシィとファンコミュニケーションズの株主らも、山尾氏が別に代表者を務めるLoyal Sun Holdingsへの投資について、適正な手続きに基づいて行われているかについて、少なくとも次期株主総会前に、質問状を送付する予定だという。

アメーシアの出資者の一人は、「山尾氏は、出資者に対して、砂をかけるような対応を平気でとっており、人格的にも問題がある」と憤り、株主総会での議案提出も検討しているという。

「このままでは、山尾氏は、妻(の山尾志桜里衆議院議員)から三行半を突きつけられるのでは」(民進党首脳に近い関係者)との観測も上がっている模様だ。

くれぐれも、「大丈夫、大丈夫」にはならないので、某元弁護士の不規則な助言には従わないことだ。【続】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です