【速報】アメーシア株主ら、株主総会を開催しない違法行為に対して、株式会社セレージャテクノロジー代表取締役・山尾恭生に対して、損害賠償請求訴訟を提起へ

投稿者: | 2016年12月2日

13559047_1642585436061435_4528717799602642256_o-2-4
偽計業務妨害や不正競争防止法などで刑事告発され、警察の捜査を受ける元ライブドア上級執行役員で、民進党山尾志桜里衆議院議員の初代政治資金管理団体会計責任者の山尾恭生・株式会社セレージャテクノロジー代表取締役兼株式会社アメーシア代表取締役/さくらフィナンシャルニュース

【12月2日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

民進党の山尾志桜里衆議院議員の夫で、元ライブドア上級執行役員の山尾恭生氏によって、2012年に設立されたまま、何の商品もリリースしていない株式会社アメーシア(東京都千代田区、山尾恭生代表取締役)。

同社の株主らが、同社が2年間にわたって、会社法に定められた定時株主総会を開催していなかったとして、同社の山尾恭生代表取締役に対して、損害賠償を請求する訴訟を提起することがわかった。

山尾氏は、同社の第1期と第2期の株主総会を開催していなかったことが明らかになっており、また、山尾氏は、会社法で必要と定められた、利益相反取引の承認を取締役会で経ないまま、2200万円余りの金額が、山尾氏が別に代表取締役を務める株式会社セレージャテクノロジーに、外注費の名目で流出させており、実際に何の商品をリリースされていないことから、株主らから、山尾氏が私的な流用を行っている疑いがかけられており、山尾氏を相手取って、刑事告発や民事訴訟を提起する動きもある。

「実際に裁判所で認容される金額は少なかったとしても、裁判所によって山尾氏による違法を認定させることに、社会的に意味があるし、会社経営を正常化できる」(同社の株主)という。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)