【速報】山尾志桜里衆議院議員の夫「ガソリーヌ夫」こと株式会社セレージャテクノロジー代表取締役・山尾恭生、アメーシア借り入れ資金を事務所同居会社へ横流し

投稿者: | 2016年12月30日

13559047_1642585436061435_4528717799602642256_o-2-4-660x885-3
偽計業務妨害や不正競争防止法などで刑事告発され、警視庁の捜査を受ける元ライブドア上級執行役員で、民進党山尾志桜里衆議院議員の初代政治資金管理団体会計責任者の山尾恭生・株式会社セレージャテクノロジー代表取締役兼株式会社アメーシア代表取締役/さくらフィナンシャルニュース

【12月30日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

民進党前政調会長で衆議院議員の山尾志桜里氏の夫で、株式会社アメーシア(東京都千代田区)の代表取締役を務める山尾恭生(元ライブドア上級執行役員)が、自身が別に代表を務める株式会社セレージャテクノロジーが、事実上の本店の事務所を同居している会社に対して、資金を横流ししていることがわかった。

株式会社アメーシアは、山尾恭生氏によって、2012年11月に設立されたまま、4年を経過しているにもかかわらず、何の商品もリリースしていないうえ、3000万円を超える金額を、利益相反取引の取締役会での承認を経ずに、山尾氏が別に代表取締役を務める株式会社セレージャテクノロジーに流出させていたことが表面化している。

株式会社アメーシアからの「資金の横流し」は、山尾氏が代表を務める、セレージャテクノロジーへの外注費から、さらに資金が流出しているものとみられ、この会社の代表は、山尾氏の中学・高校の同級生が代表を務めているとみられる。

山尾恭生氏は、1974年生まれで、理科2類に入学後に東京大学教養学部(アジア科)進学。大学卒業後にNTTに勤務し、入社1年後には退社して、女性用ウェブサイトなどを運営することになるアルチェを起業し、2004年に堀江貴文氏率いる当時のライブドアに会社を売却。

その後は同社内部で上級執行役員などに就任する一方、山尾恭生氏の妻で前民進党政調会長の山尾志桜里衆議院議員(愛知7区)の政治資金管理団体の初代会計責任者などを務めるなどしている。

その当事者である山尾恭生氏は、いまだに利益相反取引の承認に耐える資料を株式会社アメーシアの取締役会に提出していない模様であり、このままだと、株主から監査役に対して、山尾氏らを相手取って、損害賠償請求を行うことを正式に要求することが必須な状況だ。【続】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です