【お知らせ】さくらフィナンシャルニュース編集部、弁護士・公認会計士・医師などの国家資格保持者に対する不祥事情報を広く募集へ

投稿者: | 2017年1月4日

hqdefault-1
「巨額ガソリン代計上」を岡部篤史元公設秘書の責任にして切り抜けを図る山尾志桜里衆議院議員(記事と写真は直接関係はありません)

【1月4日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

さくらフィナンシャルニュース編集部は、弁護士、公認会計士、その他士業(税理士、行政書士、司法書士等)や、医師などの国家資格保持者にまつわる「不祥事情報」を、広く募集いたします。

場合によっては、他のメディアと協力して、巨悪から小さい悪まで、問題提起をしていくことを、使命とかんがえております(さくらフィナンシャルニュース編集部)。

さくらリークス(内部告発・情報提供窓口)
http://sakurafinancialnews.jp/?page_id=132

あなたの目の前で”事件”は起きている。さくらフィナンシャルニュース編集部では読者の皆様からの情報提供をお待ちしています。

“事件”はあなたの目の前でも起こりうるのです。そして、お寄せいただいた情報が、世の中を動かす大スクープになる可能性があります。

例えば、ブラック企業の内情から、有名人に関する疑惑、事件や事故、自然災害まで、「記事のネタ」となる情報をお寄せください。「いつ、どこで、誰が、何をした」というように、なるべく具体的な内容を記述してください。

当編集部としては、主要メディアが取り上げることを躊躇するような中小規模の上場企業の不正や、地方議員や地方自治体の不正、弁護士や裁判所における不正やおかしな判決などを、積極的に取材して、広く報道していく点に、特徴があると自負しております。

場合によっては、他の良識あるメディアとも共同して、問題提起をしていきたいと考えています(本誌に対する情報提供から、主要な週刊誌の記事として取り上げられたケースも、過去に複数回あります)。

取材源は必ず秘匿いたします。取材着手の可能性がある情報については、編集部から改めてご連絡を差し上げます。【了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です