【特報】さくらフィナンシャルニュース、「クソ書記官オブザイヤー」を新設へ、読者投票も加味したランキングを提示へ

投稿者: | 2017年1月5日

s_1_vc11_img-text-01_vc11_img-text-02_0_vc11_img-01
岡山家庭裁判所の三棹有希書記官/裁判所のHPより

【1月5日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

さくらフィナンシャルニュースは、「問題のある(裁判所)書記官のランキング」(通称「クソ書記官オブザイヤー」)を、新しい企画として行うことになりましたので、お知らせいたします。

今回、「クソ書記官オブザイヤー」を新設することになったのは、裁判所の書記官のなかで、あまりに問題と思われるような対応や、実際に違法としか表現のしようのない報告が、当編集部に多数寄せられているためです。

書記官には、実は、裁判への立会いや調書の作成だけでなく、訴訟上の事項に関する証明、執行文の付与、支払督促の発付、警察から請求される逮捕状の作成事務など、法律の専門家としての固有の権限(裁判所法第60条)が与えられています。

加えて、読者から、問題のある対応を行った書記官についての情報収集を行います。【了】

【特報】さくらフィナンシャルニュース、「クソ書記官オブザイヤー」を新設へ、読者投票も加味したランキングを提示へ」への1件のフィードバック

  1. 通りすがり

    写真の書記官さんが気の毒。
    裁判所のホームページに公開されている写真だからといって、この人が「クソ書記官」かと誤認されるような転載の仕方をすると、もはや立派な名誉毀損ですよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です