株式会社さくらフィナンシャルニュースの運営するニュース配信サイトへの不正アクセスに関するお知らせ

13559047_1642585436061435_4528717799602642256_o-2
警視庁の捜査を受ける元ライブドア上級執行役員で、民進党山尾志桜里衆議院議員の初代政治資金管理団体会計責任者の山尾恭生・株式会社セレージャテクノロジー代表取締役兼株式会社アメーシア代表取締役/さくらフィナンシャルニュース

平成28年6月16日、当社株式会社さくらフィナンシャルニュースが、運営しているさくらフィナンシャルニュースホームページサイト(http://www.sakurafinancialnews.com/)において、横田由美子氏が「さくらフィナンシャルニュース編集長」を名乗り、「大塚和成弁護士に関する一連の報道についてのお詫びおよび休載のお知らせ」「休載のお知らせ」と題する記事を掲載しております。

当社は、平成26年2月に、株式会社セレージャテクノロジー(代表取締役 山尾恭生、以下、「セレージャ」という)より、さくらフィナンシャルニュースサイト・システムを含む事業(以下、「本件事業」という)の譲渡を受け、同社にサイト及びシステムの保守管理を委託して運営にあたって参りました。

ところが、平成28年6月16日付で、セレージャより当社に、一方的に「本件事業の譲渡契約を解除する。本件事業は横田由美子氏に譲渡した」とする通知がありました。そして上記のように、横田由美子氏が「さくらフィナンシャルニュース編集長」を僭称し、さくらフィナンシャルニュースホームページサイトを一方的に書き換えたものです。

セレージャは本件事業譲渡の解除を主張しておりますが、解除のための法的要件を満たさない不当かつ一方的な主張であり、サイト及びシステムの保守管理を行なっていることに乗じて当社を排除したものです。また、横田由美子氏は、現在、当社とは一切関係がなく、さくらフィナンシャルニュース編集長も横田氏が僭称しているに過ぎません。

セレージャ、山尾恭生氏の一連の行為及び、横田由美子氏が「さくらフィナンシャルニュース編集長」を僭称して記事を掲載した行為は、報道の独立性を侵害し、当社の業務を著しく妨害するものであり、今後当社は、セレージャ、山尾恭生氏、横田由美子氏らに対して然るべき、民事刑事の双方で、法的措置を取る所存です。

関係者の皆様には、ご心配をおかけして大変申し訳ございませんが、当面は、本ウェブサイトでの記事の公開を早期に再開し、本件の今後の経過については、追って、皆様に対して、ご連絡します。

2016年6月25日
株式会社さくらフィナンシャルニュース 代表取締役・編集長 上村 聡